ムニエルブログ

江戸川区在住のアプリケーションエンジニア


物事の区別がつかない話

僕は、物事の区別がつきません。
そのせいで、日々の生活において苦労することが多々あります。
みんなができて当たり前のことができない人もいるのだということを、知ってほしいです。

続きを読む

お金に無頓着な新卒エンジニアが1年で60万貯めた話

はじめに

この記事は、ばんくしさん「お金に無頓着な新卒エンジニアが4ヶ月で10万貯めた話」のオマージュです。

続きを読む

あの日の思い出

君がくれた 僕にくれた
あの日あの場所で過ごした日々を
僕は一生忘れない
そう誓った 中学時代
友達みんな集まって 遊び尽くした対戦ゲーム
僕は楽しくて 楽しくて
心の中に 笑顔が溢れた

「バイバイ また明日ね」
そんな何気ないセリフさえも
とても 価値あるものだとは
知りもせず 日々過ごしていた
部活の帰り道 アニメを見るため駆け足で
そんな日々が愛おしくて 今も思い出す

僕が告げた 君に告げた
春にはお別れだという事実
僕は今でも覚えてる
それはまるで ビデオのように
友達みんな集まって 開いてくれたお別れ会
僕は嬉しくて 嬉しくて
心の中に 涙が溢れた

「バイバイ また明日ね」
そんな何気ないセリフさえも
とても 価値あるものだとは
知りもせず 日々過ごしていた
人生の分かれ道 この先どこへと続くのか
そんなことも分からずに 今も迷いだす

限りある 君との時間
僕はまだ ここにいたくて
時計の針を そっと遅らせた

「バイバイ また明日ね」
そんな何気ないセリフさえも
とても 価値あるものだとは
知りもせず 日々過ごしていた
部活の仲間たち 桜が舞うたび駆け巡る
そんな日々が愛おしくて 今も思い出す

僕は今ここにいる
この声 届いてるかな


埼玉から東京に引っ越して10年が経った話

10年前の春、生まれ育った地である埼玉を離れ、東京に引っ越しました。
良い機会なので、埼玉時代と東京時代に分けて僕の人生を振り返ってみようと思います。いわゆる自分語りというやつです。
非常に長いので、普段140文字以下の文章ばかり目にしている人が読むと、脳が処理能力の限界を超えて爆発する恐れがあります。

続きを読む

僕は人間ではない

僕は人間ではありません。

じゃあ何者なのかと問われましても、返答に困ってしまいます。
宇宙人かもしれないし、異世界人かもしれません。
僕が何者であるのか、自分にも分からないのです。

人間ではないのですから、人間らしさを求めないでください。
僕は言わば、哲学的ゾンビです。
見た目が限りなく人間に近いだけの人形です。
そこにクオリアは存在しません。

僕は人間ではないのです。


人間失格

人間失格

天国と地獄

この世に天国と地獄があるのならば、あなたは自信を持って天国に行けると断言できるだろうか。
生まれてから今まで、ただの一つも罪を犯したことがないと言えるだろうか。
これから死ぬまで、どんな些細な罪も犯すことがないと誓えるだろうか。
我々罪人を待ち受けているのは、地獄のみである。


絵本地獄―千葉県安房郡三芳村延命寺所蔵

絵本地獄―千葉県安房郡三芳村延命寺所蔵

コンテンツを消費するのに忙しい話

僕には彼女もいなければ、一緒に遊ぶ友人もいません。
けれど毎日が忙しく、充実した日々を送っています。

続きを読む

電車はマナーの悪さを可視化する?

僕は普段、通勤に電車を使っています。
会社が10時始業なおかげで通勤ラッシュは回避できているのですが、電車に乗るたびに人々のマナーの悪さを実感します。
その一部をご紹介しましょう。

続きを読む

サイレントマジョリティが沈黙を破る日

サイレントマジョリティという言葉をご存知でしょうか。
日本語で言うところの「物言わぬ多数派」で、数としては多いものの、積極的に発言はしない人々のことを指します。
2016年アメリカ合衆国大統領選挙で、ヒラリー氏優勢とされるなかトランプ氏が逆転勝利を果たしたり、秋元康氏がプロデュースを手がけるアイドルグループ・欅坂46のデビュー曲のタイトルになったりと1、昨今なにかと注目を集めている言葉の一つです。

続きを読む

暑い冬が嫌いな話

いやあ、それにしても冬は暑いですね。
冬が暑いと言っても、沖縄とか地球の反対側とかではなく、東京の屋内の話です。

続きを読む