ムニエルブログ

江戸川区在住のアプリケーションエンジニア。千葉工業大学 情報科学部 情報ネットワーク学科卒。Apple信者。趣味は読書とプログラミング。Java/HTML/CSS/JavaScript/GAS

まだケーブルで消耗してるの?〜ワイヤレスイヤホンのススメ〜

AppleiPhone 7でイヤホンジャックを廃止してから、早一年が過ぎました。
ところが、街中や電車内で音楽を聴いている人を眺めていると、いまだにケーブルの呪縛から逃れられない人々が多いように思います。
せっかくAppleがワイヤレス化へのお膳立てをしているのにも関わらず、かたくなに有線イヤホンを使い続けるのはなぜでしょうか。

挙げ句の果てには、「充電しながら音楽を聴けないからiPhoneはクソ!」などと言い出す始末。
iPhone 8でQiによるワイヤレス充電も可能になったことですし、人類はそろそろケーブルの呪縛から解放されてもいいのではないでしょうか。

ワイヤレスイヤホンのススメ

僕は、音楽を聴くのも動画を観るのもゲームをするのも、すべてワイヤレスイヤホンを使っています。
昔は遅延や音飛びがひどいものでしたが、最近の製品であればまず問題ないでしょう。

僕が普段使っているイヤホンとヘッドホンをご紹介します。

EARIN

従来のワイヤレスイヤホンは左右のユニットがケーブルでつながれており、「ワイヤレスなのにワイヤーが存在する」という矛盾を抱えていました。
それすらも取り払うことで真のワイヤレスを実現したのが、 『EARIN』をはじめとする完全ワイヤレスイヤホンです。
今でこそAppleAirPodsを出したことでその存在が世に知れ渡りましたが、先駆者はやはりEARINでしょう。

EARINは極限まで無駄を削ぎ落としたデザインで、本体にはボタンすらありません。
そのため装着感がほとんどなく、ともすればつけているのを忘れるほどです。
デザインも良いので、Apple製品と組み合わせても違和感がありません。

ちなみに、現在はタッチインターフェースを搭載した後継機『EARIN M-2』が販売されています。

Beats Solo2 Wireless

『Beats Solo2 Wireless』は、Appleの傘下であるBeatsのヘッドホンです。
カラーバリエーションはiPhoneと同じものが用意されていたので、僕が使っている端末に合わせてスペースグレーを選びました。
そのデザインからはAppleの息吹が感じられ、Apple製品との相性は抜群です。
ノイズキャンセリングなどの機能はありませんが、軽量・コンパクトなので持ち運びに適しています。

ちなみに、現在は性能が向上した後継機『Beats Solo3 Wireless』が販売されています。

おわりに

無線LANの普及によってLANケーブルを見る機会が減ったように、有線イヤホンもいずれは姿を消す運命にあるのかもしれません。
もちろん、音質が重要だったり、音の遅延が命取りとなるような分野では生き残るでしょうが、一般人が音楽を聴く用途ではワイヤレスイヤホンに軍配があがるでしょう。

人類がケーブルの呪縛から解き放たれる日は、近い。


プレミアムヘッドホンガイドマガジンVol.8 (隔月刊『AV REVIEW』別冊)

プレミアムヘッドホンガイドマガジンVol.8 (隔月刊『AV REVIEW』別冊)